アイチテルテル

東海地方の漫遊記

戸倉・上山田編 街中をぶらり

戸倉駅から宿まで歩くことにしました。

f:id:aichiteruterublog:20200902013436j:plain

茅葺の家なんてそうそう見かけませんよ。

f:id:aichiteruterublog:20200902013506j:plain

戸倉のマンホールのフタです。

自然がいっぱいですね。

f:id:aichiteruterublog:20200902013540j:plain

水上布奈山神社。

f:id:aichiteruterublog:20200902013610j:plain

本殿が国の重要文化財に指定されています。

暑くて拝む余裕がありませんでした。

f:id:aichiteruterublog:20200902013649j:plain

これは花梨の実でしょう。

ちょっと変わってるなあ。

皮がぶつぶつしてる。

f:id:aichiteruterublog:20200902013728j:plain

千曲川です。

あーいい風が吹いてて涼しい・・・。

f:id:aichiteruterublog:20200902013750j:plain

橋の欄干に千曲小唄。

f:id:aichiteruterublog:20200902013812j:plain

こちらは竹久夢二ですね。

f:id:aichiteruterublog:20200902013853j:plain

千曲川を渡ったところに佐良志奈神社。

f:id:aichiteruterublog:20200902013913j:plain

暑さに負けないオレンジ色のオニユリが咲いてました。

f:id:aichiteruterublog:20200902014007j:plain

本殿です。

f:id:aichiteruterublog:20200902014037j:plain

こんなところに土俵が。

現役の土俵っぽいので相撲の文化が残っている地区なのでしょう。

f:id:aichiteruterublog:20200902020542j:plain

獅子ヶ岩のところに何やらいますね。

f:id:aichiteruterublog:20200902020605j:plain

黒猫ちゃん。おーい元気かー!

f:id:aichiteruterublog:20200902021751j:plain

崖観音。

f:id:aichiteruterublog:20200902020657j:plain

昔は危険なところに温泉が湧いていたようです。

犠牲になった方々を崖観音様が慰霊しているようです。

f:id:aichiteruterublog:20200902020718j:plain

上山田のマンホールのフタです。

戸倉と上山田は隣りの温泉街ということ?

目と鼻の先ですけど。

f:id:aichiteruterublog:20200902020757j:plainふう、思っていたより時間がかかってしまいました。

今日宿泊させていただく若の湯さんに到着です。

 

つづく。。。

戸倉・上山田編 松本からへ上山田へ

本日の宿泊地、上山田へと向かいます。

f:id:aichiteruterublog:20200902010548j:plain

途中、あの有名な姨捨(おばすて)駅に。

姨捨といえばおばあを捨てる山。

とてつもない環境のところと思いきや、

おどろくほど景色の良いところでビックリ。

f:id:aichiteruterublog:20200902010614j:plain

書いてある通り現在はくつろぎの駅となっています。

あと鉄道好きの人は知っていると思いますが、

駅にスイッチバックで出たり入ったりします。

私は初めての経験だったので電車を乗り換えるのを間違えたのかと思いました。

f:id:aichiteruterublog:20200902010815j:plain

篠ノ井駅しなの鉄道に乗り換えです。

f:id:aichiteruterublog:20200902010520j:plain

これに乗るとあの軽井沢まで行けるのかあ。

うわあ、いつかは行ってみたいなあ。

f:id:aichiteruterublog:20200902010645j:plain

篠ノ井駅から10分ほどで戸倉駅に到着。

早く温泉に入りたい!

 

つづく。。。

 

松本編 松本神社

f:id:aichiteruterublog:20200902005546j:plain

松本城から旧開智学校に行こうと思ったのですが時間切れの体力切れ。

f:id:aichiteruterublog:20200902005628j:plain

一歩手前の松本神社の湧水で涼ませていただくことに。

f:id:aichiteruterublog:20200902005308j:plain

まずは松本神社でお参り。

f:id:aichiteruterublog:20200902005410j:plain

あー冷やっこい。生き返るわあ。

f:id:aichiteruterublog:20200902005443j:plain

また松本にはくる機会がありそう。

f:id:aichiteruterublog:20200902005146j:plain

それではバスに乗って松本駅に戻りましょう。 

 

つづく。。。

松本編 松本市立博物館

松本城に隣接する松本市立博物館にも行ってきました。

f:id:aichiteruterublog:20200902002518j:plain

いろいろと資料はあるのですが、松本らしいものといえばこれかな。

f:id:aichiteruterublog:20200902002609j:plain

松本では七夕になると家の軒先に七夕人形を吊るし、

子供の健康を願う風習があるそうです。

全国各地、笹の葉さらさら♪だと思っていましたが地方によって違うんですね。

勉強になりました。

f:id:aichiteruterublog:20200902003146j:plain

宝船もエキゾチック。

f:id:aichiteruterublog:20200902003237j:plain

子孫繁栄を願ったものでしょう。

残っているところも少なくなりましたね。

f:id:aichiteruterublog:20200902003633j:plain

これは松本城外にあるのですが松本のマンホールのフタです。

松本の伝統工芸品として手毬をデザインしたマンホールのフタがあります。

手毬を博物館で手に入れることもできます。

 

つづく。。。

松本編 松本城は日本の夢

貴重な資料に囲まれて幸福を感じる時間。

f:id:aichiteruterublog:20200902000110j:plain

f:id:aichiteruterublog:20200902000136j:plain

f:id:aichiteruterublog:20200902000158j:plain

まだまだ資料はあるのですが、きりがないのでこのへんで。

f:id:aichiteruterublog:20200902001015j:plain

最上層までやってきました。

f:id:aichiteruterublog:20200902000952j:plain

けっこう怖い。。。

f:id:aichiteruterublog:20200902001037j:plain

木造ならではの浮遊感。

あまりいい気持ではありませんね。

ささっと降りましょう。

写真は撮れませんでしたが急階段なので降りるときも大変。

荷物は少ないほうがいいです。f:id:aichiteruterublog:20200902000746j:plain

このあたりの低層階になると気持ちも軽やか。

f:id:aichiteruterublog:20200902000803j:plain

景色を楽しむ余裕があります。

f:id:aichiteruterublog:20200902000835j:plain

うーん、楽しかったあ。
お城は日本の夢(歴史)がいっぱいつまった芸術ですね。

 

つづく。。。

松本編 松本城に入城

松本城に入城です。

f:id:aichiteruterublog:20200901233459j:plain

いざ行かん。松本城天守へ。

f:id:aichiteruterublog:20200901233510j:plain

おおおおお。おじゃましまんにゃわ。ヽ(・ω・)/ズコー

f:id:aichiteruterublog:20200901233633j:plain

この角度が正面になるのかな。

素晴らしいじゃあーりませんか。ヽ(・ω・)/ズコー

f:id:aichiteruterublog:20200820205114j:plain

天守を攻略するぜ。

f:id:aichiteruterublog:20200820205131j:plain

これは手ごわそうだぞ。

犬山城並みの急角度。

f:id:aichiteruterublog:20200820205159j:plain

年季入ってるなあ。しっかり手入れがされている。

 

f:id:aichiteruterublog:20200901235127j:plain

ここから石を落とすようだ。

f:id:aichiteruterublog:20200901235233j:plain

対岸を銃で狙って・・・バキューン!

f:id:aichiteruterublog:20200901235834j:plain

城の中は資料館になっています。

つづく。。。

松本編 松本城へ

繩手通りから松本城へと向かいます。 

f:id:aichiteruterublog:20200816210038j:plain

 おおこれぞ松本城!・・・ではありませんね。

本物ではありませんが、これはこれで素晴らしい。

f:id:aichiteruterublog:20200816210003j:plain

大名小路井戸。

松本市内には井戸がたくさんありますね。

あくまで持論ですが、水がきれいな所は生活が豊かだと思います。

f:id:aichiteruterublog:20200816205657j:plain

松本城に到着。

f:id:aichiteruterublog:20200816205714j:plain

これぞまさしく松本城

重々しい風格があります。 

 

つづく。。。